あなたのLIFE IMAGEはここから

加賀住の家づくり

 加賀住は地域密着型の工務店です。そして地元の小さな工務店であることに誇りを持っています。
社長自らが現場へ足を運び、一つ一つ目で見て確かめながら、お客様にとって最適なご提案をさせていただくのが、加賀住の新築設計・施工スタイルです。細やかな打ち合わせによりお客様の要望を全てお聞きし、どんな小さな不安にも誠心誠意でお応えして参ります。建物をどんなに頑丈・精密にしても地盤が軟弱では意味がありません。ですから敷地の地盤調査を行い、その地盤が軟弱であれば地盤補強・改良工事をして丈夫な足元をつくります。

加賀住の第三者機関の検査について

 地震大国日本においては、地震に対してしっかりとした強さを確保する構造設計と、それをきちんと検査する第三者が必要であると言えます。建物の品質に関してお客様にご安心いただけるよう、第三者機関に依頼を行っております。

住宅あんしん保証

 「基礎配筋検査」、「躯体検査」の2つの検査、更には公的機関、または民間業者による、「中間検査」「完了検査」といった、計4つの建物検査を受けることでミスを生み出さない体制を整えています。

耐震補償付きスーパーストロング構造体VALUE

 スーパーストロング構造体バリューでは、全棟「耐震等級3」相当を実現するために、公正で安心できる検査・補償体制を実現しています。住宅性能表示制度基準に基づき、1棟ごとに構造設計CADシステムで「耐震等級3」相当を設計検査。検査後は、すべてのお客様に安心の証として、「設計検査報告書」を発行します。
万が一、地震の揺れが原因で「スーパーストロング構造体バリュー」で建てた住宅が全壊した場合、建替え費用の一部を最高2,000万円まで負担します。

地盤補強・地盤改良工事

 建物をどんなに頑丈・精密しても地盤が軟弱では意味がありません。
地盤を構成する土の性質は、他の建築材料である鉄筋・コンクリート・石材・木材などと根本的に異なります。 特に土は、含まれる水分量によって性質が変化します。また、土は場所によって堆積過程が異なり、土の粒子の混ざり具合及び締まり具合などが異なるため、他の建築材料のように均一な特性は得られません。
このような土の性質から、建物の工事を行う場合には、その場所毎に地盤の性質を調査・確認する必要があります。調査の結果、その地盤が軟弱であれば、地盤補強・改良工事をして丈夫な足元を作ります。
加賀住のデザイン

 お客様の目線や、センス、ライフスタイル、昔からの夢など…、夢のマイホームに思い描く理想の住宅の形というものは、皆さん誰もがお持ちになっていると思います。

 お客様の理想の住宅+加賀住からの提案でお客様にとって、快適で機能的な住宅にしていくことを目指しております。大工と設計士の両方の目線を併せ持った加賀住にしかできない提案で、お客様の大切な住宅を施工致します。

加賀住の家づくり
加賀住のデザイン写真