あなたのLIFE IMAGEはここから

スーパーウォール工法

お客様の人生のドラマを作っていく大切な住宅。心身ともに健康であり続けられる住宅を実現するために、有限会社加賀住はスーパーウォール工法を選びました。
 

 加賀住がスーパーウォール工法を採用しているのは、加賀住の家づくりに対する「想い」を実現するために最適な工法であるからです。家族の笑顔のために有限会社加賀住ではスーパーウォール工法をお客様に自信を持ってお勧めしております。
 お客様の人生のドラマが作られていく大切な住宅、心身ともに健康であり続けられる住宅を実現するために、有限会社加賀住はスーパーウォール工法を選びました。
 加賀住が心からお客様におすすめしたい「スーパーウォール工法」について、知っていただけたら幸いです。

スーパーウォール工法とは、一体何でしょうか・・・
スーパーウォール工法を簡単に表現するのであれば、『経済的で人も家も健康になれる工法』 といえます。
スーパーウォール工法は木造軸組+パネル構造により、高気密、高断熱、高い耐震性を確保していて、家族の健康・安全を実現することが出来る、夢の工法なのです。
スーパーウォール工法には大きく以下のような特徴があります。
1

『温度差の少ない大空間だから快適。』

 気密性の高いスーパーウォール工法住宅は、部屋の上下温度差が少ないです。高気密・高断熱で外気に影響されにくく、頭から足元まで均一な温度の快適空間を保てます。スーパーウォール工法は魔法瓶のような住宅です。

SW工法住宅 一般住宅
壁面温度熱画像による部屋の上下温度の比較:実在住宅測定例
SW工法住宅
▲SW工法住宅
天井から床までほぼ均一な温度を保つため、足元まで快適です。(冬期暖房時)
※暖房方式によって異なる場合があります。
一般住宅
▲一般住宅
天井と床部分の温度差が大きく、すきま風のため足元に冷気がたまっています。(冬期暖房時)
2

『部屋間の温度差が少ないから、ストレスが無い。』

 ヒートショックという言葉をご存知でしょうか?冬場のトイレや浴室、脱衣所などで感じるその急激な温度変化は、体に大きなストレスとなり体調不良の原因になります。
スーパーウォール工法住宅は、心筋梗塞や脳出血・脳梗塞などを引き起こす原因の温度差を感じないので、ストレスの無い生活が可能になります。

 冬場のトイレや浴室、脱衣所などで感じる不快感。その急激な温度変化は、体に大きなストレスとなり体調不良の原因になります。とくに高齢者には血圧上昇によって心臓に大きな負担がかかり、生命の危険を伴う重大問題となります。
65歳以上の家庭内死亡事故の主な原因
65歳以上の家庭内死亡事故の主な原因のグラフ
寒い時期に多い入浴中の死亡事故
月別の入浴中の死亡者数グラフ
冬場、冷え切った体で熱いお湯に入った時に起こる温度差による血圧の激しい変動が危ない!
入浴時血圧変動グラフ
部屋間温度差の比較イメージ
部屋間温度差の比較イメージ

 不快な温度差の代表例となるトイレや洗面空間も、SW工法住宅なら冷暖房を併せて室内温度を効率よくコントロール。温度変化の小さい快適な室内空間を実現できます。

SW工法住宅
SW工法住宅居間の温度分布
居室

窓ぎわから部屋上下までほぼ均一な室内温度

SW工法住宅トイレの温度分布
トイレ

住宅居室と温度差の小さい快適なトイレ空間

一般住宅
一般住宅居間の温度分布
居室

部屋上下の温度差大、足元は冷たく不快

一般住宅トイレの温度分布
トイレ

冷気に満ちたトイレ、居室との温度差大

3

『24時間365日換気システムで空気がキレイ。』

 計画された換気経路にもとづいて、ゆるやかな空気が流れ、室内空気のよどみを解消。空気のよどみによる室内の湿気上昇を抑制し、不快な結露の発生を抑えます。結露が発生しにくいスーパーウォール工法住宅は、カビの発生も抑えることができ、住宅そのものと、住む人の健康を守ります。
また、計画換気システムが24時間稼動することで、ホルムアルデヒドをはじめ、ごく微細なチリやホコリ、花粉といったハウスダスト等の、室内の汚れた空気を戸外へ排出できます。

高気密にこだわるSW工法住宅なら、より質の高い計画換気を実現します。
計画換気システムイメージ図

ワンランク上の高気密性能(C値=1.0)で、質の高い計画換気を実現します。

 SW工法住宅では、C値=1.0という高い気密性能にこだわり、隙間を極力抑えることで外気とともに出入りするホコリや砂塵などを大幅カット。また、計画換気により取り入れる外気は、フィルターを介し、花粉など微細な粒子まで取り除けます。
SW工法住宅給気時の流れ

室内をゆるやかに空気が流れ、空気のよどみを少なくします。

 計画された換気経路にもとづいて、ゆるやかな空気が流れ、室内空気のよどみを解消。空気のよどみによる室内の湿気上昇を抑制し、不快な結露の発生を抑えます。
計画換気システムイメージ図

空気の質にもこだわりご家族の健康をしっかり守ります。

 近年、住まいの気密性が高まるにつれて「シックハウス」の被害が増加しています。換気不足の住まいでは、建材などから発生するホルムアルデヒドなどの化学物質や、ごく微細なチリやホコリ、花粉といったハウスダストが滞留して空気を汚染。気管支喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の発症を招くケースがあります。
シックハウスによる危害件数

計画換気で、健康的な室内環境づくり

 計画換気システムが24時間稼動することで、ホルムアルデヒドをはじめ室内の汚れた空気を戸外へ排出できます。SW工法住宅では、イニシャルコストを抑えたベーシックな排気型の計画換気システムや、快適性や省エネ性に優れた熱交換型計画換気システムなど次の3タイプからお選びいただけます。
SW工法住宅の計画換気システムエコエア85
4

『地震をはじめとする、災害に強い。』

 木造軸組工法の場合、外力が柱や筋交いに集中して、建物がねじれやすくなります。SW工法は木造軸組工法に高性能SWパネスをプラスすることで、外力を建物全体に分散してバランスをとる、災害に強い住まいを実現。

独自の「SWパネル」高耐震構造。

構造用面材(OSB)に断熱材(発泡ポリウレタン)を組み込み、さらに気密性を高め、耐震性とともに気密・断熱性を発揮する高性能パネルです。

バランスのよい構造計画が、災害強い住まいをつくります。

 木造軸組工法の場合、外力が柱や筋交いに集中して、建物がねじれやすくなります。SW工法は木造軸組工法に高性能SWパネスをプラスすることで、外力を建物全体に分散してバランスをとる、災害に強い住まいを実現。SW工法で使用するSWパネルやサッシは、様々な試験で耐震性・耐風性をチェックし、その高い安全性が実証されています。
壁強度の比較
壁強度の比較一般住宅

▲一般住宅
柱や筋かいに大きな力が集中してかかる。

壁強度の比較SW工法

▲SW工法
壁面が一体となり、力が分散されるので地震に強い。

壁倍率、5倍パネル
5倍パネル
壁倍率、5倍パネル備考
パネルの強度
パネルの強度の説明
壁倍率の比較
壁倍率の比較の図

 SW工法では屋根パネル、小屋パネル、床パネルも一般的な木造軸組工法に比べ、高い床倍率が確保できます。これにより、プランの自由度を生かしながら、住宅性能表示「構造の安定」の最高等級取得が容易になります。

※床倍率には、大臣認定制度の仕組みがないため、性能評価機関の独自評価となります。SW工法では、(財)日本住宅・木材技術センターにて床倍率試験を実施し、性能評価機関である(株)日本住宅保証検査機構(JIO)で評価される仕組みがあります。

5

『結露対策!家も人も健康でいることができます。』

通気層構造と発砲ポリウレタンが見えない結露を防ぎ、耐久性を高めます。

断熱材の吸水性実験

実験開始直後の写真

 開始直後は発泡ポリウレタンとグラスウールはともに浮かんでいます。

実験24時間後の写真

 24時間後、グラスウールは水が染み込み約3分の2沈んでしまいました。その結果、SW工法住宅に使用している発泡ポリウレタンは水を通しにくく、断熱性が低下しにくい素材であることが確認できます。

湿気を掃きだす通気層構造

 SW工法なら、室内外から侵入してくる湿気に対してダブルの防湿対策。水分を通しにくい発泡ポリウレタン断熱材が室内側からの水蒸気をガード。さらに室外からの湿気も通気層から掃き出し、躯体の乾燥状態を保って耐久性を高めます。

湿気を通しにくい発砲ポリウレタン

 SWパネル内の断熱材・発泡ポリウレタンは、以下の実験からも水を通しにくい素材であることが確認済み。型くずれなどがなく、高い断熱性能を永く保てます。

壁体内結露が発生しにくい構造

通気層に空気を通して結露を防ぐ

6

『高い気密性なので、音が静かです。』

 SW工法住宅の室内は、クルマやご近所からの騒音など、睡眠や大切な勉強などの妨げになる外部騒音も気にならない快適空間。また、楽器の演奏や映画鑑賞などで自らが大音量を出す場合にも、周囲を気にすることなく余暇時間を過ごせる快適な室内環境を実現します。

屋外からの騒音対策屋外への音漏れ対策
7

『結露対策!家も人も健康でいることができます。』

 スーパーウォール工法で施工した住宅は、高気密、高断熱住宅なので、光熱費をかなり節約できます。
分かりやすく言うならば、「魔法瓶のような住宅」を建てることができます。スーパーウォール工法は、光熱費も削減できて、環境にも良いのです。SW工法住宅は保温性が高いので、暖房を停止しても温度低下はゆるやか。真冬の凍てつく早朝でも、すっきり目覚める快適温度をキープでき、暖房を入れれば少ないエネルギーですぐに温まります。

高気密・高断熱構造

 玄関ドアやサッシ等は、基材のアルミと断熱性に優れた樹脂素材(アルミの1250倍)の複合構造。アルミの特長をそのままに、樹脂が窓まわりの激しい熱移動をしっかり抑えます。また、基礎部分の熱移動には、基礎の内側または床での断熱施工でしっかり対応します。

窓まわりの断熱構造
断熱・防露サッシ
3.49W/(m2・K)以下〔3.0kcal/(m2・h・℃)以下〕
アルミ+樹脂の複合構造で高い断熱性能を発揮します。
断熱玄関ドア
3.49W/(m2・K)以下〔3.0kcal/(m2・h・℃)以下〕
ドアに組み込んだ断熱材が、高断熱性能を発揮します。
基礎部分の断熱構造
基礎断熱
基礎に断熱材を施工します。
※基礎の仕様は地域・地盤の状況によって異なります。
床断熱
床の直下に断熱材をいれ、建物の断熱性能を高めます。
※基礎の仕様は地域・地盤の状況によって異なります。

24時間計画換気システム

計画換気システムイメージ図  今日ではすっかり定着した"水を買う"という概念。日常の"ありふれたもの"に着眼し、自ら選択・購入するということで「健康」等の付加価値を手にするという考え方です。これは、住まいの高気密化で汚れやすくなった「室内空気」にも当てはまります。高気密住宅であるSW工法住宅では、使用する建具などに配慮してシックハウスの原因を取り除くだけでなく、24時間計画換気でいつもキレイな空気を保ち、ご家族の健康を守ります。

冷暖房

 SW工法住宅は保温性が高いので、暖房を停止しても温度低下はゆるやか。真冬の凍てつく早朝でも、すっきり目覚める快適温度をキープでき、暖房を入れれば少ないエネルギーですぐに温まります。

暖房停止後の温度変化

SW工法における冷暖房について
SW工法のすぐれた保温性能と冷暖房との併用によって、一年を通して快適な居住環境を実現しています。 ※一酸化炭素を室内に放出する開放型の暖房設備は使用できません。酸欠や一酸化炭素中毒の恐れがあります。

スーパーウォール工法 施工例
sw工法 施工例
スーパーウォール工法オフィシャルHP
株式会社LIXILHPはこちらから